今日も我が家の癒し系ゴールデンレトリバー
前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のれお君のブログに来ていただきありがとうございます。
れお君と花の写真が多いブログですが、最後までご覧いただければ幸いです。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ 人気ブログをblogramで分析  ブログのランキングに参加しています。
                            クリックして応援していただけたら嬉しいです。(^O^) 



今日も岡山県動物愛護センター(御津のラン)のれお君をアップしたいと思います。
DSC04015
誰かが水を飲んでいると欲しくなるようです。近くにもう一つ水がありますけどね。(^O^)
20131027御津ラン4
メイちゃん(2歳)とラブちゃん(9カ月)が元気に絡んでいます。おじさんのれお君は割り込めないようですよ。(^O^)
DSC04148
初めてのアフガン・ハウンドのお友達です。足と首が長いですね。足は裾の広いパンタロンのズボンをはいているみたいです。体の大きさに比べて尻尾は細いです。
DSC04150

DSC04174
れお君と体の大きさを比較しようと並んでもらおうとしましたが、気が合わなかったようでこんな写真しか撮れませんでした。
20131027御津ラン3
れお君の胸のコートが揺れているのに注目です。足の飾り毛も揺れていますね。(^O^)
DSC04199
今日の花は我が家の見せばや(ミセバヤ)の花です。
DSC04188
・弁慶草(べんけいそう)科。
・学名   Sedum sieboldii    
Sedum : キリンソウ属    
sieboldii : 日本植物の研究者「シーボルト」さんの  
Sedum(セダム)は、ラテン語の「sedere(座る)」が語源。この種の植物が、岩や壁に張りついていることが多いところから。   
 ・開花時期は、 9/15 〜 11/末頃。
・「見せばや」は、  ”きれいなので誰に見せようか”  という意味。
・葉は多肉質で、ぶっとい。冬になると赤く紅葉する。
・北海道に生える、「日高見せばや」という品種もある。

参考 季節の花300さん
ここをクリック

ミセバヤは瀬戸内海の小豆島と奈良県(さらに、群馬県(†1)や中国を入れることもあります)原産の植物で、主に岩場に自生します。
葉は円形で表面は薄く白粉をはたいたような銀緑色で赤く縁取られ、厚みがあります。またフチにゆるいぎざぎざが見られ、茎を囲むように3枚の葉が付きます。
茎は直立せず、弓状にしなるよう横から下に伸びていき、長くなるとしだれます。  
10月-11月頃に紅色の小花を茎の先端に球状にまとめて咲かせます。秋の深まりとともに葉が美しく紅葉します。
その後、茎葉が枯れて根元に小さな芽をつくって休眠に入り、冬を越します。  
変種に富山県特産のエッチュウミセバヤや葉にクリーム色の模様が入る斑入り種があります。また、近い仲間にヒダカミセバヤ(北海道の日高・十勝)、カラフトミセバヤ(北海道・サハリンなど)、ツガルミセバヤ(東北地方の日本海側)などが知られています。  
ミセバヤは「この花がきれいなので誰かに見せたい」という意味で、「見せたい」の古い言葉が変化したものです。  
以前はマンネングサ属(旧ベンケイソウ属)に分類されていましたが、現在はそこから分割されたムラサキベンケイソウ属に入れられています。 †1 群馬県産は栽培していたのものが野生化したものとも言われる。

参考 ヤサシイエンゲイさん←ここをクリック
DSC04189

DSC04191

DSC04196

DSC04200


 


今日もれお君に会いに来ていただきありがとうございます。


れお君ブログはゴールデンレトリバーのランキングに参加しています。みなさんの応援をよろしくお願いします。
応援の方法は下のバナーをクリックしていただくと10ポイント加算されます。
左の白黒のれお君とお友達のデッサン画のバナーがにほんブログ村のゴールデンレトリバー、真ん中のカラーのエクセル画のバナーが人気ブログランキングのゴールデンレトリバーです。右のバナーはblogram.jpです。       
 
  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ br_decobanner_20100717205226 人気ブログをblogramで分析