今日も我が家のゴールデンレトリバー
前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のれお君のブログに来ていただきありがとうございます。
ゴールデンレトリバーのれお君と花の写真だけのブログですが、最後までご覧いただければ幸いです。(^O^)
REOKUN


人気ブログをblogramで分析 
ブロガーの皆さんは置手紙blogramに足跡を残していただけたら、また訪問させていただきます。


今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは菜の花です。
れお君の散歩コースの菜の花です。黄色の花は気分をポジティブにしてくれるので好きです。

DSCF1204
菜の花
菜の花は、アブラナ目アブラナ科アブラナ属の一年草です。
別名:ハナナ(花菜)、アブラナ(油菜)、ナバナ(菜花)、ナタネ(菜種)
DSCF1210
・油菜(あぶらな)科。
・学名   Brassica napus(西洋油菜)
Brassica : アブラナ属  Brassica(ブラシカ)は、古いラテン名で「キャベツ」を意味する。  
・開花時期は、 2/ 1 〜 5/ 5頃。
・一面黄色に群生しているさまがすばらしい。
・「菜の花(なのはな)色」
・”野菜(菜っ葉)の花”という意味から「菜の花」になった。おひたしや和え物(あえもの)として食べられる。
・「菜の花」は、春によく見かける黄色い花の総称として使われるが、ふつう見かけるのは「西洋油菜 (せいようあぶらな)」なので「西洋油菜」のことを「菜の花」と呼ぶことが多い。
・蜜(みつ)を作る原料として、養蜂業者の人たちは 九州などの暖地から花期に従ってしだいに北上してその花蜜を集めるらしい。
・3月の「桃の節句」では、桃の花とともに一緒に飾られることがある。
・菜の花の別名。   
「花菜」(はなな)「菜花」(なばな)「菜種」(なたね)    
菜の花が咲く頃に降り続く雨を”菜種梅雨(なたねづゆ)”という。
・昔は、種子から菜種油(なたねあぶら)をとる、  「油菜(あぶらな)」のことを  菜の花と呼んだ。  「油菜(あぶらな)」40%が油分。昔は灯火、食用油、潤滑油などに使われ、搾りかすは肥料に使われた。今は、ほとんど見かけない。
・3月7日の  誕生花
・花言葉は  「豊かさ、財産」
・千葉県の県花

「菜の花や  月は東に 日は西に」   与謝蕪村

参考 季節の花300さん
DSCF1214

DSCF3166
れお君の散歩のあぜ道コース沿いの畑の菜の花です。この場所はれお君のサラダバーになることもあります。
DSCF3170


IMG_7202
この菜の花は我が家の家庭菜園の青梗菜(チンゲンサイ)の菜の花です。
IMG_7199
収穫しなかった青梗菜の菜の花と紫花菜も一緒に咲いています。
IMG_7190

IMG_7181

DSCF3232

DSCF3230

DSCF3067

 
今日もれお君に会いに来ていただきありがとうございます。

れお君ブログはゴールデンレトリバーのランキングに参加しています。みなさんの応援をよろしくお願いします。
応援の方法は下のバナーをクリックしていただくと10ポイント加算されます。
左の白黒のれお君とお友達のゴールデンレトリバーのデッサン画のバナーがにほんブログ村のゴールデンレトリバー、真ん中のカラーのエクセル画のバナーが人気ブログランキングのゴールデンレトリバーです。右のバナーは足跡ツールのblogram.jpで会員の方はクリックすると足跡が残すことができます。      
  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへbr_decobanner_20100717205226人気ブログをblogramで分析