今日も我が家のゴールデンレトリバー
前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のれお君のブログに来ていただきありがとうございます。
ゴールデンレトリバーのれお君と花の写真だけのブログですが、最後までご覧いただければ幸いです。(^O^)
REOKUN


人気ブログをblogramで分析 
ブロガーの皆さんは置手紙blogramに足跡を残していただけたら、また訪問させていただきます。


今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログはれお君の散歩コースに咲いている彼岸花の花です。

IMG_0171
彼岸花(ヒガンバナ)
彼岸花は、彼岸に咲くキジカクシ目ヒガンバナ科ヒガンバナ属耐の鱗茎植物です。

IMG_0173
・彼岸花(ひがんばな)科
・学名 Lycoris radiata  Lycoris : ヒガンバナ属  radiata : 放射状の舌状花をもつ  
Lycoris(リコリス)は、ギリシャ神話の海の女神「Lycoris」の名前から採ったもの。花がとても美しいことから。
・開花時期は、 9/15 〜 9/末頃。
・原産地中国。
・ちょうど秋のお彼岸の頃に咲く。
★お彼岸の時期  
春のお彼岸= 春分の日を含む、前後7日間 = 3/17頃〜3/23頃  
秋のお彼岸= 秋分の日を含む、前後7日間= 9/20頃〜9/26頃  
お彼岸の頃は、昼と夜の時間が12時間ずつで同じになり、太陽は真東から昇って真西に沈む。
★彼岸(ひがん)と此岸(しがん)  
彼岸 = 浄土  (向こう岸。極楽浄土。 仏教では彼岸はちょうど西方にある、 と考えられてきた)  
此岸 = 現世 (こちら側の世の中。  迷いが満ちた世界)
・「暑さ寒さも彼岸まで」。ちょっと涼しくなってきた9月中旬頃、 突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせ、数日で花が終わって茎だけになる。花が白い種類もある。(白花曼珠沙華 (しろばなまんじゅしゃげ))。ちなみに、黄色いのは鍾馗水仙かも。
・花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して夏近くなると葉は全く消えてしまう。花と葉を同時に見ることはできない。葉のあるときには花はなく、花のときには葉がない。このことから韓国では  「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から。
・根のところにはリコリンという毒があるが、この毒は水で何回もさらせばとれるので昔の人はこの根の部分からデンプンをとって飢饉の際の食料とした。
・お彼岸の季節、田んぼのあぜ道や土手で見かけることが多いが、 これは、ノネズミがあぜ道や土手に 穴を開けるのを彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐためとか、彼岸花の根茎は強いので田んぼのあぜ部分に植えてあぜの作りを強くするため、とか言われている。 田んぼ → 稲(いね)
・別名  「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)”天上の花”という意味。おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天からふってくるという仏教の経典による。 リコリス(Lycoris)、Red spider lily

・「路(みち)の辺(へ)の  壱師(いちし)の花の  
            灼(いちしろ)く  人皆知りぬ わが恋ふる妻」       
                     万葉集    柿本人麿  
                     (壱師の花=彼岸花、といわれる)


IMG_0153


IMG_0177

IMG_0178

IMG_0180

IMG_0181

IMG_0183

IMG_0161

IMG_0184

IMG_0185

IMG_0187

IMG_0188

IMG_0189

DSCF9229

DSCF9235

IMG_0105

IMG_0139
今日のれお君は朝の散歩でお友達のがんちゃんに会ったれお君です。

今日もれお君に会いに来ていただきありがとうございます。

れお君ブログはゴールデンレトリバーのランキングに参加しています。みなさんの応援をよろしくお願いします。
応援の方法は下のバナーをクリックしていただくと10ポイント加算されます。
左の白黒のれお君とお友達のゴールデンレトリバーのデッサン画のバナーがにほんブログ村のゴールデンレトリバー、真ん中のカラーのエクセル画のバナーが人気ブログランキングのゴールデンレトリバーです。右のバナーは足跡ツールのblogram.jpで会員の方はクリックすると足跡が残すことができます。      
  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへbr_decobanner_20100717205226人気ブログをblogramで分析