今日も我が家のゴールデンレトリバー
前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のれお君のブログに来ていただきありがとうございます。
ゴールデンレトリバーのれお君と花の写真だけのブログですが、最後までご覧いただければ幸いです。(^O^)
REOKUN


人気ブログをblogramで分析 
ブロガーの皆さんは置手紙blogramに足跡を残していただけたら、また訪問させていただきます。


今日はたけちゃんマンの本業である社会保険労務士関係の記事を久しぶりにアップします。
岡山障害年金請求サポートセンターのWebサイトの記事で閲覧数が最近多いのが「60歳〜65歳・65歳以上の初診日」と「65歳を過ぎていますが障害年金の請求はできますか?」の頁です。
閲覧数が多いので内容を少しわかりやすく書き直してこの二つの頁を更新しました。 この両頁は内容的に同じような内容ですが、少し違います。60歳以上の方に参考にしていただけたら幸いです。

DSCF693460歳〜65歳までの間に初診日がある場合の請求方法 
請求方法は65歳までに障害認定日がある場合は、65歳までは障害認定日請求・事後重症請求ともに可能です。 (国民年金法第30条)
  • 障害認定日が65歳以降の場合は障害認定日請求のみ可能です。(国民年金法第30条)
  • 65歳を超えての事後重症請求は、65歳以上のため障害基礎年金は発生しないためできません。(国民年金法第30条の2)
  • 65歳到達により老齢基礎年金を受けている場合は選択となります。 (国民年金法第20条)
保険料納付要件の判定方法

日本国内に住所がある者の60歳から65歳の間に初診日がある場合の保険料納付要件は、60歳になるまでの3分の2要件、あるいは、平成38年4月1日前に初診日のある障害については初診日の前々月までの被保険者期間の内の直近1年間で判断します。

事例1

60歳〜65歳事例1
この事例は60歳以降未加入のため直近の1年間は60歳前の1年間で見ることになります。直近の1年間で不支給の場合は、3分の2要件で判断します。

事例2
60歳〜65歳事例2
この事例は初診日前の国民年金任意加入期間プラス60歳までの期間で1年間か3分の2要件で判断します。

事例3
60歳〜65歳事例3
この事例は国民年金の任意加入期間Cが1年以上あれば、国民年金任意加入期間Cで判断します。国民年金任意加入期間が1年未満の場合は、国民年金任意加入期間C+厚生年金B+厚生年金Aでの1年間か3分の2要件で判断します。

事例4
60歳〜65歳事例4
この事例は62歳から初診日までの期間と60歳前を合わせて1年間の納付がないため3分の2要件を満たしている必要があります。

65歳以降の被保険者期間中に初診日がある場合

平成7年4月1日以降は、65歳以降に国民年金の特例任意加入(法附H6第11条)ができるようになり、65歳以降に国民年金又は厚生年金加入中に初診日のある障害は1年半経過の障害認定日請求ができます。

  • 事後重症の請求は65歳以上であるためできません。(厚年第47条の2 国年第30条の2)
  • 保険料納付要件は直近1年の特例はありません。3分の2の本則の要件で判断します。(60年附則第20条・第64条)
    例外として、障害厚生年金においては、65歳以上であっても、平成7年4月1日から平成8年3月31日までに初診日のある傷病については、直近1年要件が認められています。(経過措置政令第28条の2)

受給できる年金は
国民年金特例任意加入中であれば障害基礎年金です。

厚生年金加入中の場合は障害厚生年金を請求できます。老齢(退職)給付の受給権を有する者は、国民年金第2号被保険者にはならないため、2級以上に該当しても障害基礎年金は受給できません。障害厚生年金だけが受給できます。

老齢(退職)給付の受給権を有しない者は、65歳以上であっても国民年金第2号被保険者となるため、2級以上に該当すれば障害厚生年金と障害基礎年金が受給できます。

ただし、65歳以上の国民年金特例任意加入者・厚年第2号被保険者では3分の2要件に該当する可能性はまず無いと思われます。 (国民年金法第7条 国民年金法附側第3条)

65歳を過ぎていますが障害年金の請求はできますか?

Q&A
<質問内容> 65才を過ぎていますが
事後重症の請求はできますか?

<回答>
事後重症の請求は65歳までに行わなければなりません。(国民年金法第30条の2)

なお、旧法国民年金の障害年金(障害福祉年金を含む)は、昭和61年3月31日までの65歳前に障害の状態に該当していたときは65歳を過ぎていても請求できました。(旧国民年金法第30条の2)

このため、昭和61年3月31日までに事後重症障害等級に該当する診断書の用意ができて、障害認定日における傷病と事後重症の傷病が同じであると認定されれば、現在でも旧法障害年金の事後重症請求が可能です。

また、昭和36年4月1日前に初診日があり、かつ本人の年齢がそのとき20歳以上であった場合は、70歳までに障害の状態になれば請求できます。 (旧国民年金法第81条3項→60年附則第23条2項)

ただし現実的にこのような事例がいまだあるとは考えられません。

<質問内容> 60歳〜65歳までの間に初診日がある場合、65歳を過ぎて障害年金が請求できますか?

<回答>

日本国内に住所がある者の60歳から65歳の間に初診日がある場合は、60歳になるまでの3分の2要件、あるいは、平成28年4月1日前に初診日のある障害については初診日の前々月までの被保険者期間の内の直近1年間で判断します。

請求方法は65歳までに障害認定日がある場合は、65歳までは障害認定日請求・事後重症ともに可能です。  (国民年金法第30条)

障害認定日が65歳以降の場合は、65歳以降に認定日請求のみ可能です。(国民年金法第30条)

65歳以上のため障害基礎年金は発生しないため事後重症の請求はできません。(国民年金法第30条の2)

65歳到達により老齢基礎年金を受けている場合は選択となります。(国民年金法第20条)

<質問内容> 65歳以降の被保険者期間中に初診日がある場合の障害年金請求は? 

 

<回答>

平成7年4月1日以降は、65歳以降に国民年金の特例任意加入(法附H6第11条)ができるようになり65歳以降に国民年金又は厚生年金加入中に初診日のある障害は1年半経過の障害認定日請求ができます。

事後重症の請求は65歳以上であるためできません。(厚年第47条の2 国年第30条の2)

納付要件は直近1年の特例はありません。3分の2の本則の要件で判断します。 (60年附則第20条・第64条)

例外として、障害厚生年金においては、65歳以上であっても、平成7年4月1日から平成8 年3月31日までに初診日のある傷病については、直近1年要件が認められています。  (経過措置政令第28条の2)

受給できる年金は
国民年金特例任意加入中であれば障害基礎年金です。
厚生年金加入中の場合は障害厚生年金を請求できます。老齢(退職)給付の受給権を有する者は、国民年金第2号被保険者にはならないため、2級以上に該当しても障害基礎年金は受給できません。障害厚生年金だけが受給できます。

老齢(退職)給付の受給権を有しない者は、65歳以上であっても国民年金第2号被保険者となるため、2級以上に該当すれば障害厚生年金と障害基礎年金が受給できます。

ただし、65歳以上の国民年金特例任意加入者・厚年第2号被保険者では3分の2要件に該当する可能性はまず無いと思われます。 (国民年金法第7条 国民年金法附側第3条)

障害年金のご相談は岡山障害年金請求サポートセンターまでお願いします。


今日もれお君に会いに来ていただきありがとうございます。

れお君ブログはゴールデンレトリバーのランキングに参加しています。みなさんの応援をよろしくお願いします。
応援の方法は下のバナーをクリックしていただくと10ポイント加算されます。
左の白黒のれお君とお友達のゴールデンレトリバーのデッサン画のバナーがにほんブログ村のゴールデンレトリバー、真ん中のカラーのエクセル画のバナーが人気ブログランキングのゴールデンレトリバーです。右のバナーは足跡ツールのblogram.jpで会員の方はクリックすると足跡が残すことができます。      
  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへbr_decobanner_20100717205226人気ブログをblogramで分析