今日も我が家のゴールデンレトリバー
前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のれお君のブログに来ていただきありがとうございます。
ゴールデンレトリバーのれお君と花の写真だけのブログですが、最後までご覧いただければ幸いです。(^O^)
REOKUN


人気ブログをblogramで分析 
ブロガーの皆さんは置手紙blogramに足跡を残していただけたら、また訪問させていただきます。


今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは我が家の庭にきているヒヨドリとれお君の散歩コースで見かけたツグミです。
DSCF2627

DSCF2628
ヒヨドリ
日本では、市街地から山地まで広く生息し、身近な野鳥の一つである。
以前は越冬のため韓国などから渡ってくる「冬鳥」でしたが、次第に環境順化し、いつの間にか一年中国内に留まる「留鳥」へと変わってきました。
しかし、ヒヨドリは、季節によって繁殖場所の山地と越冬場所の平地を移動し、北海道で繁殖したヒヨドリたちのほとんどは、10月頃になると越冬のため本州以南に移動します。  
ヒヨドリの餌は、夏は繁殖期でもあるので昆虫類が主ですが、冬は木の実などが中心となります。
また、糖分を好むためか、ツバキやサクラなどの花の蜜を吸ったり、ミカンやリンゴなどの果物を好んで食べます。
食欲旺盛なため、木の実を次々にくわえて丸飲みしては種子が未消化のまま排泄されることも多く、種子を遠方へ運ぶ鳥としても有名です。  
体長は約28僉A歓箸灰色の羽毛に覆われていますが、頬に褐色の部分があるのが特徴です。
「ピーヨ!ピーヨ!」と大きな声でよく鳴くことから「ヒヨドリ」の名が付いたとされています。
また、日本や韓国南部ではごく普通に見られる鳥ですが、ヨーロッパや南北アメリカ大陸、アフリカ、オーストラリアには生息していないため、世界的には「珍しい鳥」として知られています。                
●源義経の鵯越(ひよどりごえ)の逆落し●  
平安時代末期の寿永3(1184)年、平家討伐を源頼朝に命じられた義経と範頼は、平氏を挟み撃ちにするため二手に分かれた。
義経の軍勢は「鵯越(ひよどりごえ)」と呼ばれる絶壁(現神戸市兵庫区)の上から、「この崖を鹿が下ったというなら、馬でも下れるであろう」と、合図とともに馬ごと駆け下り、崖下の平氏の陣へ一気に攻め入った。不意をつかれた平氏は海になだれ込み、船で瀬戸内海を渡って屋島へ逃げた。  
これは、源平合戦「一の谷の合戦」の名場面です。ここに出てくる「鵯越」という地名は、海を渡ってきたヒヨドリが、絶壁をなす急斜面を一気に昇っていくさまを見て付けられたと伝えられています。
参考  武陽ガスさん

DSCF2633

DSCF1406

DSCF1396

DSCF2254

DSCF2250

DSCF1395



DSCF2226

DSCF2230
ツグミ
ツグミは林や街路樹などで見かける、「小鳥」と呼ぶには少し大きめな鳥です。
代表的な冬鳥で、大柄な姿と美しい羽色、特徴のある仕草に愛好者はたくさんいます。
一方で果物などを好み、果樹などを襲うため農家にとっては厄介な鳥でもあります。
かつては、かすみ網でツグミを捕獲し食用にしていた時期もありましたが、現在は捕獲は全面禁止です。
生息地
ロシア北部や東部、中国、ミャンマー北部で繁殖し、冬には日本や台湾、中国南部に渡ります。
秋ごろから日本各地のあちこちで見られる、比較的ありふれた鳥です。
10月ごろに集団でシベリアから渡ってきたツグミは、まずは山の森でしばらく集団行動を行います。
徐々に分散して平地に移動し、里山や農耕地、草原、都市部で冬を越します。
落ち葉が積もる冬の公園で、胸を張って歩きながら食事をしているツグミの姿はよく見られる光景です。
秋の終わりの青森で、収穫されなかった痛んだリンゴめがけて集団で食べにくる姿は、なかなか壮観です。
翌年の3月ごろには再び群れに戻り、繁殖のためシベリアへ渡っていきます。
特徴
スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥です。 漢字では「鶫」と書きますが、難読漢字で読み方が分からないことも。 くちばしの先からしっぽの先まで24cm、翼を広げると39cmと、小鳥の中では比較的大柄です。 亜種にハチジョウツグミがあり、ツグミに比べて全体的に赤いのが特徴です。 シベリアで繁殖し、ごく少数が日本に越冬のためやって来ます。八丈島で捕らえられたので、この名が付きました。 ツグミの羽の色は個体差が激しいですが、大まかな特徴は以下のとおりです。 頭頂から首の後ろは黒褐色 目から頬にかけて、茶色の過眼線 背中は褐色 喉から胸にかけてクリーム色 胸に斑点がある 特に胸の斑点は個体差が激しく、白いお腹にウロコ状の黒褐色の斑点、褐色のお腹に白い線など多彩です。 斑点も一面に出ていることも、一部に集中していることもあります。 お腹の斑点を見ると、ある程度の個体識別ができます。
鳴き声
ツグミの鳴き声は地味で、「ジジッ  ジジッ」と鳴きます。冬は地鳴きしかしないので、美しいさえずりは期待できません。 「冬には口をつぐむ鳥」と言われ、これがツグミの語源になったと言われています。


雑食で、柿やネズミモチなどの木の実から昆虫、ミミズまで幅広く食べます。 ツグミが渡ってくる10月頃は、ちょうど秋の実りがピークに達する時期。庭の柿の木などに止まり、美味しそうに食べる姿も珍しくありません。 実を食べ尽くした冬は地上に降りて、落ち葉をかき分けて昆虫やクモ類、ミミズなどを探しています。 2、3回跳ねては胸を張り、周囲を見回してから地面をつつき、また2、3回跳ねて胸を張り、という仕草は独特で、ツグミの特徴です。 警戒心が強いため、入念に周囲を警戒しながら、安全第一でエサを探します。

参考  動物JPさん

DSCF2236

DSCF2237

DSCF2999

DSCF2998 (1)
今日のれお君は朝の散歩で草むらに頭を突っ込んで引っ付きもっつきが沢山ついたれお君です。
KIMG1856

KIMG1857

今日もれお君に会いに来ていただきありがとうございます。

れお君ブログはゴールデンレトリバーのランキングに参加しています。みなさんの応援をよろしくお願いします。
応援の方法は下のバナーをクリックしていただくと10ポイント加算されます。
左の白黒のれお君とお友達のゴールデンレトリバーのデッサン画のバナーがにほんブログ村のゴールデンレトリバー、真ん中のカラーのエクセル画のバナーが人気ブログランキングのゴールデンレトリバーです。右のバナーは足跡ツールのblogram.jpで会員の方はクリックすると足跡が残すことができます。      
  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへbr_decobanner_20100717205226人気ブログをblogramで分析