今日も我が家のゴールデンレトリバー
前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のれお君のブログに来ていただきありがとうございます。
ゴールデンレトリバーのれお君と花の写真だけのブログですが、最後までご覧いただければ幸いです。(^O^)
REOKUN


人気ブログをblogramで分析 
ブロガーの皆さんは置手紙blogramに足跡を残していただけたら、また訪問させていただきます。


今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは久しぶりにたけちゃんマンの本業の社会保険労務士の記事です。昨日(5/12)は線維筋痛症・慢性疲労症候群・化学物質過敏症の啓発dayです。偶然ですが、一昨日岡山障害年金請求サポートセンターのWebサイトに、特発性慢性疲労で障害基礎年金2級を受給出来た記事をアップしました。

特発性慢性疲労

特発性慢性疲労(ICF)で障害基礎年金2級が決定しました。  
 
 慢性疲労症候群(CFS)は厚生労働省が認定が困難な疾患の認定事例として診断書の書き方のサンプルを公表していますが、特発性慢性疲労が障害年金に認定されたとの事例はネットで探してもほとんど見当たりませんでした。  
 以前、特発性過眠症の障害年金請求で2級決定したことがありますが、「特発性」というのは「原因がよくわからない」という意味です。  
 慢性疲労症候群(CFS)診断基準(平成25年3月改訂)では「慢性疲労症候群」の診断基準の一部を満たしてないけれど、原因不明の慢性疲労を訴える場合、特発性慢性疲労(Idiopathic Chronic Fatigue:ICF)と診断して、経過を調べるとされています。   
 厚生労働省が慢性疲労症候群での障害年金支給を認めていますが、「特発性慢性疲労」は障害年金の対象として日本年金機構に認知されているようには思えません。   
 ご相談者が発病当初に眼瞼下垂・眼瞼痙攣・羞明感があって受診した眼科の受診状況等証明書には「一般的には知られてないが、眼瞼下垂、眼瞼痙攣は全身の不調を来たす疾患である」と記載されていました。
 この「全身の不調を来たす疾患である」を拠り所に、眼科受診日を初診日として、認定されるのか不安でしたが、診断書の内容的には慢性疲労症候群の診断書にひけを取らない内容でしたので、「傷病名ではなく、障害の状態で認定される」ということを信じて請求をしました。  
 結果は眼科受診日は初診日として認められませんでしたが、現在受診している専門医の受診日が初診日として認められて障害基礎年金の2級が決定しました。
 ご相談者の方には受給の決定を喜んでいただきました。本当に良かったです。
 これで特発性慢性疲労でも障害年金が受給できることが実証されました。特発性慢性疲労の皆さんに障害年金請求のチャレンジをお勧めします。  
 ご相談は岡山障害年金請求サポートセンターまでお願いします。



今日もれお君に会いに来ていただきありがとうございます。

れお君ブログはゴールデンレトリバーのランキングに参加しています。みなさんの応援をよろしくお願いします。
応援の方法は下のバナーをクリックしていただくと10ポイント加算されます。
左の白黒のれお君とお友達のゴールデンレトリバーのデッサン画のバナーがにほんブログ村のゴールデンレトリバー、真ん中のカラーのエクセル画のバナーが人気ブログランキングのゴールデンレトリバーです。右のバナーは足跡ツールのblogram.jpで会員の方はクリックすると足跡が残すことができます。      
  にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへbr_decobanner_20100717205226人気ブログをblogramで分析