れお君と庭の花〜fromたけちゃんマン

前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のゴールデンレトリバーのれお君と庭の花をメインに吉備路の風景写真とワンコのイラストやデッサン、社会保険労務士関係の年金関連も時々アップする写真ブログです。

カテゴリ:春の花 庭の花

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは「れお君のサラダバーと庭の畑のネギ坊主」です。れお君のお友達のノエル君宅の近くのれお君お気に入りのサラダバースポットがあります。 ...

・文目(あやめ)科 ・学名  Iris sanguinea  Iris : アヤメ (アイリス、イリス)属  sanguinea : 血紅色の  Iris(アイリス)はギリシャ語で「虹」の意味 ・開花時期は、4/25 〜5/20頃 ・剣形の葉がきちんと並んで生える葉の様子から、文目(筋道、模様の意)の名がついた、と言われる。・「綾目」とも書く。花弁の基の黄色部分の縞(しま)模様を 「綾目」の字で表現した。 ...

れお君ブログは本来は我が家のゴールデンレトリバーれお君のブログですが、花のことをネットで検索して訪問する方がすごく多いです。4月は子手鞠と大手鞠にスノーボール(西洋手毬肝木)の過去記事が人気で約2,000人の訪問がありました。小手毬 (こでまり)と大手毬 (おおでまり)はよく似た名前です。同じ仲間と思いがちですが、小手毬は薔薇科、大手毬は吸葛(すいかずら)科です。 西洋手毬カンボク(ビバーナム・スノーボール)も吸葛(すいかずら)科です。 ...

ボタン(牡丹) 別名:ハツカグサ(二十日草)、ナトリグサ(名取草)、tree peony(ツリー・ピオニー) ボタンは、ユキノシタ目ボタン科ボタン属の低木です。・牡丹(ぼたん)科。 ・学名  Paeonia suffruticosa Paeonia : ボタン属  suffruticosa : 亜低木状の Paeonia(パエオニア、ペオニア)は、ギリシャ神話の”医の神”「Paeon」の名に由来する。・開花時期は、 4/20 〜 5/ 5頃。 ・中国原産。日本へは奈良時代に渡来してきたらしい。(弘法大師が持ち帰ったとの説も)。 ・根の部分は薬用になる。(牡丹皮(ぼたんぴ))。 ...

・花忍(はなしのぶ)科。 ・学名 Phlox sublata Phlox : フロックス属  sublata : やや幅のある Phlox(フロックス)は、ギリシャ語のphlogos(炎)」が語源。花の色に由来。・開花時期は、 3/25 〜 4/末頃。 ・北アメリカ東部原産。 ・地に這うようにして咲く。古くから、石垣や広い斜面を彩る花として親しまれている。カーペット状に地面を覆うので、土の流失を防ぐ役割も果たしている。 ・暑さや乾燥に強い。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログはれお君の散歩コースで咲いている桜の花です。れお君地方のソメイヨシノの開花はまだですが、種類は不明の桜が咲いています。この桜は昔の郵便局の敷地内に咲いています。桜によく似た花が咲いているのでそばまで行って見てみたら木の幹が桜でした。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは我が家の庭で咲いていた紫花菜です。花の季節に下書きの記事を書いたままになってアップできてなかったので、季節外れですがご覧ください。紫花菜はアブラナ科マッティオラ属の一・ニ年草です。別名:オオアラセイトウ(大紫羅欄花)、ショカツサイ(諸葛菜) ...

このクローバーはホームセンターで購入した合格クロバーがこぼれ種で庭に生えてきたものです。合格クロバーは四葉ならぬ五葉のクローバーです。こぼれ種から生えたため五葉はあまりなくて四葉が多くなっています。 ...

アヤメ(菖蒲、文目、綾目)学名:Iris sanguinea  アヤメはアヤメ科アヤメ属の多年草です。・開花時期は、 4/25 〜 5/20頃。 ・剣形の葉が、きちんと並んで生える 。葉の様子から、文目(筋道、模様の意)の名がついた、と言われる。 ・「綾目」とも書く。花弁の基の黄色部分の 縞(しま)模様を「綾目」の字で表現した。 ・よく、この花は「菖蒲(しょうぶ)」と表現されるが、「文目」と「菖蒲」は別種。・乾いた土に生える。湿地には向かない。 ・白花の品種もある。 ...

↑このページのトップヘ