れお君と庭の花〜fromたけちゃんマン

前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のゴールデンレトリバーのれお君と庭の花をメインに吉備路の風景写真とワンコのイラストやデッサン、社会保険労務士関係の年金関連も時々アップする写真ブログです。

カテゴリ: 庭の花 夏の花

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは「玄関前花壇のジニア」です。夏の玄関前花壇は毎年ジニアの種まきをして苗から育てています。今年は気候のせいか発芽率が悪く2回種まきをして苗を揃えました。 ジニアは夏の花が少ない時期に良く咲いてくれます。この花があると仏さまの花に困りません。お盆やお彼岸のお墓参りの花も十分に間に合います。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは「庭の家庭菜園のモロヘイヤの花」です。モロヘイヤの花は黄色の小さな花です。モロヘイヤは多分マイナーな野菜と思いますが、我が家では10数年前から栽培しています。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは「玄関前花壇のブルーサルビアの花」です。このブルーサルビアは昨年植えていた株が冬越しをして今年も芽を出して咲きました。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは「庭のスイレンと雨の日の散歩のれお君」です。我が家にはピンクとクリーム色の2種類のスイレンが咲いています。れお君地方は梅雨が昨日空けましたが、今日のれお君は雨の日にレインスーツで散歩するれお君です。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは「吉備津神社の紫陽花」です。 吉備津神社の紫陽花園の紫陽花が見頃です。岡山県では先日コロナ感染者が出て累計26人になりましたが、紫陽花園ではその影響も感じられない人出でした。結婚式の前撮り写真の撮影をしているカップルもいました。 ...

カンナ ・カンナ科。 ・学名  Canna generalis(カンナ)   Canna : カンナ属   generalis : ふつうの ・Canna(カンナ)の語源には、古代ケルト語の 「Cana(つえ)」「Can (芦(あし))」 ギリシャ語の 「Kanna(葉)」、の諸説あり。   ・開花時期は、 6/20 〜 10/10頃。  夏のあいだじゅう咲き続ける。 ・葉も花もやや大型。  葉の形がいい♪  ・花の色は赤、黄、橙、白など  いろいろ。 参考 季節の花300さん ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは庭で咲いている我が家の庭で咲いている芙蓉の花です。昨年までは芙蓉の花は8月中には咲いていましたが、今年は9月中旬になって初めて咲きました。これは地球温暖化の影響でしょうか? ...

日日草 (にちにちそう)・夾竹桃(きょうちくとう)科。・学名  Catharanthus roseus  Catharanthus : ニチニチソウ属  roseus : バラ色の、淡紅色の  Catharanthus(カサランサス)は、ギリシャ語の「katharos(純粋な) + anthos(花)」が語源。 ・西インド原産。・梅雨の頃から秋まで咲き続ける。・日々新しい花に咲き代わることからこの名前になった。また、それぞれの花は1日花ではなく3〜5日はもつ。 ・日照りや乾燥にも強い。 ...

夏水仙 ・彼岸花(ひがんばな)科。 ・学名  Lycoris squamigera Lycoris : ヒガンバナ属 squamigera : 鱗片がある  Lycoris(リコリス)は、ギリシャ神話の海の女神「Lycoris」の名前から採った。花がとても美しいことから。 ・きれいなピンク色の花。・茎は太い。 ・花のあとで出てきた葉っぱが枯れた後に、花芽が伸びてくる。 よく似た彼岸花より1ヶ月以上早く、8月頃に咲く。 ・花の名は、夏に咲き、花の形が水仙に似ているところから。・別名 「リコリス」 リコリスの名は、学名の「Lycoris(ヒガンバナ属)」から、彼岸花、狐の剃刀、 夏水仙などのいわゆる彼岸花科の花を総称して呼ぶこともある。 ...

木槿(ムクゲ)・葵(あおい)科。・学名  Hibiscus syriacus  Hibiscus :フヨウ(ハイビスカス)属  syriacus : シリア(小アジア)の ・開花時期は、 6/25 〜 10/15頃。  ・中国原産。平安時代に渡来。・中国名を「木槿(ムージン)」と呼ぶ。漢字はこの字があてられている。漢名の「木槿」の音読み「もくきん」が変化して「むくげ」となったとも、韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」または「ムキュウゲ」が変化して「むくげ」となった、ともいわれる。韓国では国の繁栄を意味する花として国花になっている。 ...

↑このページのトップヘ