れお君と庭の花〜fromたけちゃんマン

前から読んでも後から読んでも「おれはれお」のゴールデンレトリバーのれお君と庭の花をメインに吉備路の風景写真とワンコのイラストやデッサン、社会保険労務士関係の年金関連も時々アップする写真ブログです。

カテゴリ:庭の花 夏の花

ヒマワリ(学名:Helianthus annuus L.)は北米原産で、盛夏を代表する花で元気で大きな黄色い花を咲かせるキク科ヒマワリ属の一年草です。ヒマワリは長い花茎から伸びた頭状花序に舌状花と管状花から成る頭花を咲かせます。花の一番外にある黄色いヒラヒラが舌状花で、中央の黒っぽいものが管状花(筒状花)です。花は外側から内側に咲き進みます。 ...

ニゲラ(Nigella) ニゲラはキンポウゲ科ニゲラ属の一年草です。 別名:クロタネソウ(黒種草)、Kalonji 庭のニゲラが花盛りです。このニゲラはタキイのワイルドフラワーを蒔いてからこぼれ種で毎年咲いています。 ...

今日は今年我が家の庭で咲いたダリアの特集です。我が家のダリアは種から育てたダリアです。昨年ダリアの種をまいて咲いたダリアが今年も咲いてくれました。立派な芋ができているので来年も沢山咲いてくれると思います。 ...

我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは夏休みの自由研究に役立つブログでした。町内のお宅に嫁いだお嬢様とお孫さんが夏休みに帰ってきます。そのお孫さんはれお君とも仲良しです。お孫さんが家に帰ってから夏休みの自由研究で芙蓉の花をネットで調べようとしたら検索の一番でれお君ブログが出てきたそうです。ネットでれお君に会えて夏休みの宿題もできたのれお君にお礼を言ってと電話があったと教えていただきました。その後は時々れお君ブログを見ていただいて故郷の吉備津周辺の様子を見ることができて楽しみにしていただいているようです。(^O^) ...

クリトリアは東南アジア-インドに約30種が分布するつる性の植物で、その中でも栽培されているのはクリトリア・テルナテアとその園芸品種です。和名をチョウマメ(蝶豆)※と言い、日本には江戸時代末に入ってきました。本来は毎年花をさかせる多年草ですが、冬までに寒さで枯れてしまうことがあり、一年草として扱うことが多いです。春にタネをまくと夏〜秋まで花を楽しむことができます。暑さには非常に強く、炎天下でも花を咲かせます。つるが長く伸びるので支柱やネットに絡ませて栽培します。大きいいほうの花びらを旗弁(きべん)、小さなほうは竜骨弁と呼ばれ、クリトリアの名前は竜骨弁の形に由来します。 ...

今日の花は庭で咲いているランタナ(七変化)です。このランタナは鳥が運んできてくれました。ランタナはクマツヅラ科ランタナ属の常緑小低木です。別名:シチヘンゲ(七変化)、コウオウカ(紅黄花)、コモン・ランタナ(common lantana) ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは庭で咲き始めた八重の槿の花です。我が家のこの槿は2階の屋根に届くほどの高さになっていたので昨年の秋に剪定して背丈を低くしていましたが、春から新芽が伸びてまた2階に届くほどになってしまいました。(^O^)槿はアオイ科フヨウ属の耐寒性・耐暑性落葉低木です。韓国の国花 別名:ハチス、キハチス(木はちす)、Rose-of-Sharon、ムグンファ(無窮花) ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは庭で咲き始めたジンジャーです。 我が家には白とオレンジのジンジャーがあります。白は勤務時代の最後の職場で花好きの方からいただきました。オレンジはレオ君のお友達のご近所さんと白のジンジャーと交換でいただきました。ジンジャーは、ショウガ目ショウガ科シュクシャ属の多年草です。 別名:ハナシュクシャ(花縮砂)、ジンジャー(Ginger)、バタフライリリー、Garland lily ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは庭の家庭菜園の鷹の爪です。鷹の爪は毎年家庭菜園に二株植えています。二株植えておけば1年間料理に使うだけの赤唐辛子が収穫できます。 ...

今日の我が家のゴールデンレトリバーれお君ブログは庭で咲いている柳葉ルイラ草の花です。この花は義兄に鉢植えをもらったのを地植えにしたものです。地植えにしてからよく花が咲くようになりました。柳葉ルイラ草は、メキシコ原産で細長い葉と紫色の花を咲かすシソ目キツネノマゴ科ルイラソウ属の一日花です。 別名:ルエリア・スクアローサ 、コモン・ルエリア(Common ruellia) ...

↑このページのトップヘ